東川の森林鉄道跡

HOME > 東川の森林鉄道跡

更新日 : 2015/08/19


東川地区の森林鉄道跡、昔は機関車が走っていました。

 東川地区も昔は林業が盛んで、別役集落から海岸の伊尾木の貯木場まで、機関車が走っていました。

 最後尾には人を運ぶための車両もあり、伊尾木川筋の人々は汽車に乗って安芸の街に行きました。

 森林軌道は昭和37年(1962年)に廃止されましたが、今も生活道路として使われています。

入河内地区の赤い鉄橋「西坂本橋」の昭和16年と現在。

現在の入河内地区の赤い鉄橋「西坂本橋」 昭和16年の入河内地区の赤い鉄橋「西坂本橋」

大井地区の昔のままの枕木の残る橋脚。

森林鉄道跡1