センター紹介Center Introduction

HOME > 集落活動センターおおのみきた:センター紹介

集落活動センターおおのみきたの写真

中土佐町大野見北


集落活動センターおおのみきた

北地区振興会事務所 (高岡郡中土佐町大字大野見寺野153)

神母野、寺野、大股、萩中、下ル川

大野見北地区振興会

  • 295人
  • 61.4%
  • 163世帯
  • 令和元年10月
これまでの経緯
地域の現状と課題の写真

地域の現状と課題

中土佐町北部に位置する大野見北地区では、昔から主に農林業で生計を立ててきましたが、他の地域と同様、人口減・若者の流出・一次産業の衰退による経済の低迷に苦しむ地域です。
当センターの運営団体である北地区振興会は、平成19年に地域住民が主体となって立ち上げ、文化活動や高齢者の見守り活動、運動会などによって、地域のコミュニティを維持してきました。
しかしながら、平成30年には高齢化率が60%を超え、地域が衰退していくことへの危機感が高まったため、高齢者の年金プラス収入や、後世に負担を残さないことを目指して、集落活動センターを立ち上げ、イタドリなど新たな農産物の栽培を通じた耕作放棄地対策に取り組むこととなりました。

これからの地域の写真

これからの地域

耕作放棄地対策は長年の課題でした。高知では身近な食材であるイタドリの栽培に取り組むことで、地域が元気になっていくことを目指しています。令和2年2月に、地域をあげてイタドリ苗の植付けを行いました。収穫したイタドリを使って、いつか加工品も作れたら・・・と夢を描いています。
これまで長年取り組んできた地域活動も、時代に合った見直しができるよう、みんなで話し合っています。四万十川流域の美しい風景を守りながら、楽しく続けられる地域づくりを目指しています。

.

.