センター紹介Center Introduction

HOME > 集落活動センターあわ:センター紹介

須崎市安和


集落活動センターあわ

JA土佐くろしお安和事業所(仮)  高知県須崎市安和905

南谷、田ノ浦、中の川内、本谷、沖、領久

集落活動センター あわ

  • 733人
  • 43.9%
  • 339世帯
  • 平成30年4月

地域の現状と課題

安和地区は須崎市の西部中土佐町との境に位置し、大きく6つの部落に分かれている。バイパスが須崎市より西部に延伸したことから交通量が激減し、交流人口減少が課題となっている。
また、市内の各地域同様に少子高齢化が進んでおり、平成25年度から、保育園統廃合の提案があり、小学校についても統廃合の計画が議論されている。
地域にはビワ・ポンカン・文旦の柑橘類の生産や、固有の虎模様の竹である虎斑竹が有名である一方、特に中心となる地域産業がない。
 大学進学や就職で地域外へ転出する若年層が多く、過疎化が進んでいる。

これからの地域

地場産品を生かした特産品作りや販売、移住者用物件の開拓、ウォーキングやお遍路等を対象とした観光事業、地域と保育園や小学校との連携、高齢者サロン活動、高知大学地域協働学部との連携などを進めることで、安和に住み続けたい、移り住みたいと思える魅力的な地域づくりを推進し、地域活動を継続しながらも、子どもたちの声の聞こえる地域を目指し取り組みを始めた。平成30年度から地区人口が増加に転じ、園児や児童も増加している。

.

.