センター紹介Center Introduction

HOME > 山笑ふ横畠集落活動センター:センター紹介

山笑ふ横畠集落活動センターの写真

越知町横畠西部

センターホームページはこちら

山笑ふ横畠集落活動センター

山笑ふ横畠集落活動センター 越知町横畠中1847番地1

袖野、柚ノ木、栗ノ木、薬師堂、清水、深瀬、稲村

チーム横畠

  • 197人
  • 54.8%
  • 101世帯
  • 平成30年3月
これまでの経緯
地域の現状と課題の写真

地域の現状と課題

越知町の中心市街地から山間部へ10km程入った横畠西部地区(筏津地区を除く)は、現在、7集落で構成されているが、基幹産業である農業の衰退により人口流出が続き、地域唯一の教育関係施設であった横畠小学校は平成15年から休校、平成28年3月に閉校となった。横畠西部公民館(旧横畠小学校)の活用方法については平成27年度より地域住民で検討を行い、平成29年度からはできることから始めようということで、施設の1室を毎週水曜日に喫茶店として開放している。また、同年度に施設改修に向けた協議を行い、集落活動センターを日常の地域づくり活動及び災害時の避難拠点とし、横畠西部地区の暮らしを守り未来へ継承していくことを目的に平成30年3月「チーム横畠」を設立した。

これからの地域の写真

これからの地域

平成30年度中に拠点施設の改修が完成した。山笑ふ横畠集落活動センター(旧横畠小学校)を拠点とし、今後は喫茶店の営業日を毎週土日とし、帰省者や合宿での利用者をターゲットにした宿泊事業を開始するなど、地域の支え合いと集い、交流のしくみづくりや、地域の環境維持、伝統や技の継承、また地区外との交流や移住促進に取り組んでいく。

.