センター紹介Center Introduction

HOME > 集落活動センター「絆の里・いわはら」:センター紹介

集落活動センター「絆の里・いわはら」の写真

大豊町岩原

集落活動センター「絆の里・いわはら」

岩原老人憩いの家

岩原、筏木、西峯三谷

いわはら地区活性化推進委員会

  • 186人
  • 54.8%
  • 102世帯
  • 平成29年8月

地域の現状と課題

大豊町岩原地区は、一級河川吉野川沿いの徳島県境に位置し、3集落から構成されているが、どの集落も過疎・高齢化が進んでいる。
産業は農林業で、特にこの地域のゼンマイは品質が良く高値で取引されているが、高齢化に伴い耕作放棄地が増え、出荷量は減少している。
また、JR岩原駅近くにラフティングの事業所があり、春から秋にかけては多くの観光客が訪れている。

これからの地域

高齢化に伴い耕作放棄地が増えることにより、鳥獣被害も増えており、特産物であるゼンマイの出荷量が減少している。集落活動センター事業として、農地管理、ゼンマイの受託生産・収穫を行うことにより耕作放棄地の再生も進める。
ラフティングなどの仕事に携わる若者の冬場の雇用促進のため、景勝地「霧石渓谷」を中心としたトレッキングコースを整備し、観光客の増加を図る。

.