センター紹介Center Introduction

HOME > 集落活動センターくろいわ:センター紹介

佐川町黒岩

集落活動センターくろいわ

集落活動センターくろいわ

四ツ白、二ツ野、庄田、中野、瑞応、薬師堂、源重、上黒原、原、岬、寺野、

黒岩いきいき応援隊

  • 1,199人
  • 43.9%
  • 564世帯
  • 平成29年3月

地域の現状と課題

黒岩地区は佐川町の北部に位置し、山に囲まれた盆地のような地形であり日高村、越知町と接している。地区の主たる産業は、一次産業で、新高梨、苺、お茶、ショウガなどが特産。仁淀川支流の柳瀬川が仁淀川に合流する地点に近く、増水時には、浸水することも多々あり地域の課題となっている。少子高齢化が進んでおり、活動の停滞、担い手不足、人口流失、地域の繋がりの脆弱化といった課題を抱えている一方で、若者の就農が多く、「黒岩じるし」(菓子・プリン等)や「地乳(じちち)」の生乳を生産する酪農家(4軒中3軒が黒岩)があるなど、6次化に繋がる資源も多い。また、伝統芸能の継承保存に積極的に取り組んでおり、祭り等のイベント活動も盛んに行われている。

これからの地域

黒岩地区は課題解決による地域づくりではなく、地域の良いところを活かした元気ある地域づくりを目的に、集落活動センター事業を行う。
1 いつでもだれでも“ぶらり”と訪れてもらえるような居場所づくり。
2 農産物等の直販所の開設をし、地域内でお金が回る仕組みづくり。
3 地域のためにやってみたいことを実現させる。

.