センター紹介Center Introduction

HOME > 集落活動センターゆすはら西:センター紹介

集落活動センターゆすはら西の写真

梼原町西区

集落活動センターゆすはら西

西区生涯学習館 高岡郡梼原町広野167−1

仲間、上西の川、下西の川、竹の薮、広野、宮野々、上成、松谷

集落活動センターゆすはら西推進委員会

  • 607人
  • 44.8%
  • 327世帯
  • 平成29年3月

地域の現状と課題

梼原西地域は、梼原町の西方に位置し、愛媛県と隣接する地域である。高齢化率44.8%と高齢化が進んでいるが、平成22年度に町が行った住民アンケートでは、「不便を解消したら住み続けたい」「不便でも住み続ける」と92.9%の住民が回答しており、地元に愛着と誇りが強い地域である。地域の中心産業は農林業であるが、近年、高齢化に伴う担い手不足や鳥獣被害の拡大により、生産者の意欲が減退傾向にあり、耕作放棄地も徐々に増加している。住民自治のしくみとしては、各集落に代表者が置かれ、集落の道路や河川清掃といった奉仕活動や地域のお祭りごとといった行事等を行っている。そして、これらの集落を包括する組織として、「西区」と称する住民自治組織が存在する。

これからの地域

集落活動センターゆすはら西では、ジビエを安定供給できる体制、販路の確保を中心に取り組んでいく。また、地域で採れる農作物などについても生産、集出荷、販売の流れを作るとともに、それらを活用した特産品づくりを行い、地域の資源をお金に換える取り組みをすすめていく。さらには、鳥獣被害対策、狩猟者への支援を行い、「鳥獣に強い地域づくり」を押し進める。あわせて、梼原の文化や経済の始まりの地として文化的自然的資源を活かし、体験プログラムの構築を通じた交流人口の拡大に取り組む。

.