センター紹介Center Introduction

HOME > 北七ツ渕集落活動センター「たけのこの里」:センター紹介

高知市北七ツ渕

北七ツ渕集落活動センター「たけのこの里」

菅ノ草

北七ツ渕集落活動センター運営協議会

  • 17人
  • 35.29%
  • 6世帯
  • 平成28年3月

地域の現状と課題

高知市北部に位置する北七ツ渕地域は、昭和55年から七ツ渕筍加工組合を組織し、鏡地域の梅ノ木地域などとともに、孟宗竹や四方竹の加工販売に取組んできました。当地域の人口は17人、世帯数6世帯の小さな集落ですが集落営農制度の制定以前より地域が一丸となってタケノコの共同出荷を行うなど集落活動の意識が高い地域です。近年では蠑訐彰曚範携し七ツ渕神社、竹林などの地域資源を活かした体験型観光商品づくりを進めています。しかし、地域住民の高齢化も著しく、昭和中期ごろまでは七ツ渕神社への参拝客でにぎわったこの地域も、時代の流れにより参拝客も減り、かつてのにぎわいを失いつつあります。

これからの地域

これまで行われてきた活動を一層強化し、地域の活気を取り戻すためにも、平成28年3月に「北七ツ渕集落活動センターたけのこの里」が設立されました。今後は「たけのこの里」七ツ渕ブランドを確立すべく、タケノコをはじめネギやニラなど地元の農産物を使った魅力ある加工商品づくりを進めるとともに、蠑訐彰曚箸梁慮碍心儻事業を広く展開していくことにより、地域外から多くの人を呼び込むなど、他地域を巻き込む地域間交流型集落活動センターを目指します。

.