センター紹介Center Introduction

HOME > 集落活動センター「チーム稲生」:センター紹介

集落活動センター「チーム稲生」の写真

南国市稲生地区

集落活動センター「チーム稲生」

稲生ふれあい館 南国市稲生542

立石、千田ノ木、間田、土居ノ谷、中谷、林谷、西谷、小久保、芦ヶ谷、北地、衣笠、丸山、井川、千屋崎

集落活動センター「チーム稲生」

  • 1691人
  • 37.43%
  • 749世帯
  • 平成26年6月
これまでの経緯
地域の現状と課題の写真

地域の現状と課題

稲生地区は南国市の中心市街地に近く、日常の生活を送るには、自動車の運転が出来る限り不自由はありません。人口減少も比較的緩やかな地域であり、小学校PTAと地域(C:コミュニティ)が一緒になって児童をはぐくむPTCAの活動に取り組んでいる地域です。また、ビワ、モモなど地域資源を活用した取り組みも行われています。一方で、近所づきあいや世代間交流の希薄化や、地域の担い手不足等の状況が表面化してきており、平成23年度には、地域福祉計画策定に向けた座談会の場で、福祉分野での地域の将来像等についての話し合いが行われました。ここで、いわゆるコミュニティーの再構築に向けた取り組みを実施する機運が高まりました。

これからの地域の写真

これからの地域

地域での話し合いを積み重ね、平成26年6月、集落活動センター「チーム稲生」が開設されました。「チーム稲生」では、誰でも気軽に集まれる「場」を整備し、地域住民同士の横のつながりを強化することで、孤独死の防止や災害時の対応、さらに農業部門の人手不足の解消、また地区役員の世代交代などがスムーズに行われる地域づくりを目指しています。