センター紹介Center Introduction

HOME > 集落活動センター「四万川」:センター紹介

集落活動センター「四万川」の写真

梼原町四万川区

集落活動センター「四万川」

四万川交流センター 梼原町六丁152

東向、富永、下組、東川、中の川、本も谷、茶や谷、井高、坪野田、文丸、神の山、坂本川、六丁

集落活動センター「四万川」推進委員会

  • 567人
  • 51.3%
  • 275世帯
  • 平成26年3月
これまでの経緯
地域の現状と課題の写真

地域の現状と課題

四万川地域は梼原町の北西部に位置しており、地域を構成する13集落を包括する組織として明治の大合併以前の旧村を単位とした「四万川区」と称する住民自治組織により集落機能が維持されてきました。
隣接する愛媛県との交わりが深く、住民同士の交流も盛んです。
坂本龍馬脱藩の道、四国カルスト、キレンゲショウマの群生地などの有名な観光資源に恵まれているとともに、「四万川お茶堂の会」(住民組織)による田んぼオーナー制度の取り組みを通じて農地の維持と都市住民との交流を行っています。
平成26年度には、地域内唯一の給油所の閉鎖に対して株式会社(住民出資)による経営をスタートさせ、さらには地域産品や農業用資材を販売するしまがわ市場を併設して住民の暮らしを支えています。

これからの地域の写真

これからの地域

四万川地域では、「四万川お茶堂の会」や「梼原龍馬会」などの活動が活発に展開されており、これらの活動と連携して集落の魅力をさらに高める仕組みづくりが重要になってきています。
そのため、集落活動センターでは「地域でお金が回る仕組みづくり」「地域住民が主体となって支え合い、助け合うことができる仕組みづくり」「活動している団体の取り組みを支援し、発展に繋げる仕組みづくり」について重点的に活動を推進していきます。