センター紹介Center Introduction

HOME > 三原村集落活動センターやまびこ:センター紹介

三原村集落活動センターやまびこの写真

三原村全域

三原村集落活動センターやまびこ

三原村農業構造改善センター 三原村宮ノ川1130

下切、亀ノ川、広野、柚ノ木、宮ノ川、来栖野、皆尾、芳井、下長谷、上下長谷、上長谷、狼内、成山

三原村集落活動センター推進協議会

  • 1692人
  • 42.6%
  • 782世帯
  • 平成26年3月
これまでの経緯
地域の現状と課題の写真

地域の現状と課題

三原村は周囲を四万十市・宿毛市・土佐清水市の3市に囲まれ、平坦部の標高は120m〜160m、面積の88%が山林で占められている山間の村です。平成22年に村内で唯一の生鮮食品店が廃業。平成23年に三原村商工会が住民ニーズを調査し、平成24年8月から、「三原村拠点ビジネス推進協議会」が主体となって、日用品等の販売店舗「みはらのじまんや」を運営しています。「みはらのじまんや」の1日平均の利用者は年々増えていますが、より多くの人が集う地域内の新たなコミュニティ施設として機能するために、現在の取組みの充実、強化が急務となっています。

これからの地域の写真

これからの地域

「みはらのじまんや」を地域内の新たなコミュニティ施設として機能させ、野菜の生産農家の所得向上、加工品作りの雇用創出など、地域内で経済が循環していく仕組みを拠点施設で構築していきます。産業、生活、文化が調和し、活力と潤いに満ちた心の通う「ふれあいとやすらぎ」を集落づくりのスローガンに掲げ、自分の生まれ育った地域で引き続き生活できる仕組みづくりを目指して、地域住民、関係機関、行政が一体となって、集落活動センターとしての総合的な活動を展開します。

.