センター紹介Center Introduction

HOME > 集落活動センターいしはらの里:センター紹介

集落活動センターいしはらの里の写真

土佐町石原地区

集落活動センターいしはらの里

石原コミュニティーセンター(旧石原小学校) 土佐町西石原1228

有間、峯石原、西石原、東石原

いしはらの里協議会

  • 358人
  • 49.4%
  • 179世帯
  • 平成24年7月
これまでの経緯
地域の現状と課題の写真

地域の現状と課題

石原地区は土佐町の西端に位置し、土佐町役場から地域中心部の西石原までは車で約15分かかります。産業の衰退、若年人口の流出・減少、過疎高齢化、移動手段・防災拠点の確保、生活サービスの維持といった課題に対処するため、平成24年5月に地域団体である「いしはらの里協議会」を設立しました。立ち上げに際しては、地域内で数十回にわたるワークショップを重ね、石原地区の将来、今後の地域活動について議論し、活動の基本コンセプトを作りあげていきました。そして平成24年7月、高知ふるさと応援隊を配置し、集落活動センター「いしはらの里」を開所しました。

これからの地域の写真

これからの地域

「働く・稼ぐ」、「支える」、「実現する」、「集い」の4部会の取り組みにより、旧石原小学校区4集落を活性化していくことを通して、10年、20年後の将来を考えた地域づくりを進めています。平成25年11月には、住民出資の合同会社「合同会社いしはらの里」を設立し、生活店舗・ガソリンスタンドを継続して運営できるような体制づくりを行っています。今後は、地域特産物を外販していくこと、国道沿いでの直販市構想など、新規事業に取り組み外貨獲得を目指していきます。